エッセイ漫画『我々は病んでいる!』電子書籍の配信が始まりました!
ブログの漫画日記よりも、ぐっと深く入り込んだ
自身の病気やトラウマ、発達障害を描いたエッセイです。
迷ったり寝込んだり希望へ進んだり、赤裸々な感情がこもっています。

表紙


キンドル https://www.amazon.co.jp/dp/B092VQBC3V/
Renta! https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/252530/
めちゃコミック https://sp.comics.mecha.cc/books/142097



ここから、連載ひとくぎりのご挨拶的なものを。

この度は、『我々は病んでいる!』を読んでいただき、
ありがとうございます。
いつもわたしの漫画を追って読んでくださっている皆様も、
本当にありがとうございます。

この連載を描き始めた当時は
自分では完全復活したつもりでしたが、
今考えるとかなりまだまだ過去のダメージが深く残っていて
執筆をしながら悩んだり落ち込んだり揺れたりとありました。

連載中は「自分は本当は女性だ!」と断言していましたが
やはり幼い頃からの性自認が正しく
結果として現在は男性性として生きる道を選んでいたりね!

また、この漫画の題材の「複雑性PTSD」を描くにあたり、
わたしがトラウマの当時かかわった人は特定できないようにしました。
複数の人のエピソードを混ぜて新しく作り直して…
けれど嘘にならないよう、でも情報は完全に伏せる…まるでパズル!
ぐるぐる頭をひねらせたなあと、振り返り思います。
そこは、守らないといけないことなので。

壊された心と脳みそは、一生わたしが抱えていかなくてはいけないけど、
でも、だんだんと、今の幸せな日々の記憶がわたしを包み込んでくれて、
なんとか頑張れそう、なんとか寿命まで乗り越えられそう、と希望があります。


けれど、いつも思います。
苦しんだ時間はまるで地獄だったけれど、
苦しんだ時に産まれた自分の感情は、悪いものではない気がするんです。
漫画家がよくいう「ネタになる」というものでもあるのですが(笑)
人生の中で産まれた感情は、すべて尊いと感じるんです。

怒りも悲しみも喜びも。何もかも。

大事なのは、その感情を自分で手懐けること。
暴れる感情の手綱を握りしめ、決して主導権を奪われないこと。
感情とうまく付き合って、冷静に向き合えば、それは作品へと生まれ変わります。



これからも、自分の中に産まれた感情のぶんだけ、
漫画をたくさん描いていきたいですね。

漫画があったから、わたしはここまでこれました。
どんな感情が生まれても、同時に漫画も生まれてくれるから。
漫画は、世界で一番のわたしの希望!!
これからも頑張りますね。エッセイも、創作作品も!
…まだまだへたっぴだけど!

だから、どうぞこれからもよろしくお願いします!
心込めて描いた作品たちを、これからも読んでください!
頑張るぞ!!
前進するぞ~!!!!


ちなみに『我々は病んでいる!』の連載はまだまだ続きますよ!!



★読者登録をすると、LINEでブログ更新通知を受け取れるよ。
LINEで更新通知を受け取る
HP案内
我々は病んでいる!
ワビの人生をもっと深く掘り下げたエッセイ漫画はVコミで読めるよ。
※こちらの連載作品は主に精神疾患、トラウマ等を題材にしています。
重いお話や過激な描写も含まれますので、苦手な方はご注意ください。


S__73105410